雑記屋営業日誌

雑記屋における日常とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミイラ取りがミイラ……

うちの会社がどうやっておかしいって証拠だよ!どうも蒼デスこんばんわ。・・・・・・しょ、証拠だよ!

メイプル
ピラミッドクエがちょっと前にオープンしてたんで、やりやすそうなナイトウォーカーでチマチマ続けてきました。LVが足りないんで、普通のファラオのベルトを取得しつつ、50000killの称号取得を目指して十数回。
20000kill時にベルトを上手く引いてくれたので、後は称号を目指すのみ! ってところだったので、ナウシカ見ながらプレイ開始。
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
48840に到達! 後1回クリアで称号獲得! というところで事件がおきた。
順調にkill数を稼ぎ、横目でナウシカ見ながらダラダラしてたのがいけなかったのか・・・・・・
突如ラグるPC。半分になるHP。慌てて連打するポーション。無常にも減り続けるHP。そして・・・・・・

落ちる墓・・・・・・

しばらく固まり続け、ラグが改善した瞬間に表示される称号取得のアラーム。



・・・・・・・・・あ、記念すべき50000killを自分で刻んだって事ですね。ふざけんな。
まぁ、なんていうか、背後でファラオがずっと『呪われるぞ!』って叫んでた意味がわかったっていう、それだけの話。経験値5%・・・・・・
スポンサーサイト

正直者は……

ファンタシースターポータブル2が楽しすぎてもうね。でもコスチュームはもっと色々あると嬉しかった。どうも蒼デスこんばんわ。

今はヨシノテフラ着てます。多分ずっとこれで行く。あ、ちなみにクリアしました。ストーリーの流れは『主人公さん頑張って! 君とならきっと世界を救えるから!』なのに、実際は「い……一撃でも貰ったら乙る……ここはファンネル作戦しか……!」なのには参った。にゅ、ニューマン×フォースだから仕方ないんだよ?!
(※ ファンネル作戦:攻撃を3人のパートナーに任せプレイヤーは後方で盾を構え身の安全を第一に考えるシフト。時間さえ許せば確実にあらゆる敵を撃破できる素敵作戦。プライド? 知ったこっちゃ無い。世界の前に私がピンチだ)

本題
ミーテ中に、後輩の一人が突如、挙動不振な様子を見せました。まぁ、お堅い会議じゃないんで、係長も気軽な感じで「どうした?」と聞いた所の彼の答え。

「……いえ、ちょっと……勃起して……」

うん。いくら正直が美徳だとしても、その答えはちょっと無いわ。

gajuさん巻き込んでTRPGしようぜ!

誰かがそう言った。いつだって人数不足に喘ぐ現状なんですよ! どうも蒼デスこんばんわ。雑記屋はTRPGプレイヤーを募集しています。

そういったわけで、年末年始にgajuさんが帰省するのをいい事に、音速で話を纏め当人を拉致りセッション開始。
使用ルルブをDX3rdにしたということもあり、サンプルシナリオを選択。
キャラ作成を経て、3人のオーヴァード……何も知らない男子高校生、敏腕中年支部長、アイス狂の貧困チルドレンが誕生しました。……一人だけ頭悪いのは仕様です。

サンプルシナリオなので、ネタバレ防止という意味もあり内容はほとんど割愛。
感想は
やっぱり最初は喋る=演出というのが、慣れないと難しいなということ。
能動的に発言しないと、どんどん影が……っていうのはむー……上手く会話を振れなかったのは反省点です。つーか、ずっとアイスアイス言ってた記憶しかねぇ(最低だ
でも、やっぱり人数が多いっていうのはいいなぁ。と思います。
自由度が増えるし、漫才だって出きる。今回に懲りずに又gajuさんに参加して貰えればきっともっと楽しくできると思うんだ。次は誰か製のシナリオでね。

そんな感じで、遅れたけどTRPGの感想を。
次のセッションしようぜ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。